service

シンプルトレーディングのソリューションを採用することでビジネスを成功させた事例を紹介します。

ワースネット株式会社様

人口減少、予算カット、ネット通販業者との競争激化で業績低迷。

越境EC向けの卸売事業で業績が回復、事業が急拡大

主たる顧客は自治体、大学等。
まず、弊社に対する海外で人気の商材を卸売りする業態を開始。 文具に限らず、海外で人気の多様な商品の仕入れにチャレンジ。 取扱量が増える事で、九州のみならず関西や関東からも問い合わせ、取引開始。 中国人向け免税店等への商品提案、卸売事業も開始。 事業開始3年で、越境EC向け事業の売上が年商3億円程度まで成長。

丹後株式会社様

下請けから脱却。高齢者中心の業界通販事業に行き詰まりを感じている。

国内と海外で、マーケットが異なり商材の棲み分けをおこなう

同業他社の下請け工場の仕事から自社での通販事業を開始。 まず、国内で通販事業のビジネスモデルを理解。 海外で人気の漢字やひらがな、カタカナをデザインしたタオルの作成と販売。 伝統産業で担い手は高齢化がすすんでおり、海外で受け入れれるデザインやパッケージを作り、越境ECでの販路拡大がすすんでいる。

株式会社ピーアンドエス様

釣り人口の減少で国内需要が頭打ちになり業績低迷が続いている。

国内需要頭打ちも、日本製釣り具は海外で根強い人気

新品の釣り具も中古の釣り具も海外需要は高い為、海外向けの通販で打開する。 国内の釣り人口は減少、1人あたりの消費額も毎年減少している。 日本の中古品は、状態がよく、海外では品質、状態への信頼が非常に高いことにアドバンテージがある状態である。また、アジア地域の所得上昇で、高価な釣り具への購買力が上昇。国内での店舗販売、国内向け通販の伸び悩みを海外向け通販で補っている。

株式会社アイリンクアソシエイツ様

健康食品の単品通販事業の市場飽和と少子高齢化で新規事業模索

九州に多い、健康食品系の通販会社が海外向け事業に取り組む

健康食品の通販は従来非常に高い伸びを示していたが、このところ飽和状態に。 過去に多数の通販事業、通販コンサルティング事業で実績があり、仕入れ先、取引先を多数確保している事から、海外の売筋商品を仕入れての越境EC開始。 新規事業チームとして、入社2年目までの若者だけでプロジェクトチームを作り、人材育成の目的もあり。 開始3年目で年商1億達成。欧米向けと中国向けの通販に加えて、欧米からの食材輸入しての飲食店経営、中国からの輸入事業など、海外向けの輸出入事業が拡大した。

©simple trading. All rights reserved